ご あ い さ つ

ご あ い さ つ

宮城県築館高等学校同窓会
会長 渡邉一正( 高26回卒 )

 皆さんこんにちは。ようこそ築館高等学校同窓会のホームページへ。

 さて、104年の歴史を持つ旧築館高等学校と68年の歴史を持つ築館女子高等学校が平成17年3月に幕を引き、同4月から統合し、新生築館高等学校として新たなスタートを切ってから14年目に入りました。この間両校から引き継いだ同窓会も新たに歩み始め、一歩ずつ年間行事等も形が整い、東京支部、仙台支部、県庁築高会、その他の栗峰会等の活動との交流とも着実に進められております。

 学校に事務局を置く本部同窓会の主な事業としては、会報「栗峰」の発行(7月下旬)、総会懇親会の開催(8月第一日曜日)、進学希望生徒に対する合同学習合宿支援(8月)卒業生への同窓会入会式での支部説明会の開催(2月末日)、その他上記でも述べておりますが、同窓会支部や各種栗峰会との交流であります。東京支部(関東地域)では、会報(東京栗峰)の発行(2月末)、総会懇親会の開催(7月上旬)等があり、仙台支部では総会懇親会を(10月上旬)に、県庁築高会では(2月上旬)に総会懇親会を開催しております。以上が全体の同窓会の組織としての活動であります。

 今年度の本部同窓会の総会、懇親会は8月5日(日)にくりこま高原駅前の「エポカ21」で開催いたします。総会は男女一緒になってから、さまざまな角度から意見もいただきながら、又懇親会は年代を超えた老若男女の人的つながりとなり、それぞれの分野で活躍している方々との楽しい交流の場となっております。多くの方々の参加を望んでおります。今年度の当番学年は25回生、35回生、45回生、55回生となっております。同じ卒業年度の方々の応援をよろしくお願いします。

 今や築館高等学校は大きく変わろうとしております。先生も学生も精一杯頑張っていますので、今後も同窓生の応援をよろしくお願いします。

 最後になりますが、同窓生皆様のご健勝とご多幸、そして母校築館高等学校の益々の発展に期待し、挨拶といたします。