新着
 6月1日(土)から3日(月)までの3日間 宮城県高校総体が行われ無事終了しました。野球やサッカー、ソフトテニスなど会期前の競技も含めできるだけ多くの会場に足を運び、多くの築高生の頑張る姿を目の当たりにすることができ、元気をもらいました。昨秋の新人大会はじめ定期戦、支部総体を戦い、そこで見つかった課題に向き合い練習を積んで修正し、臨んでくれました。ほとんどの競技が1回戦を突破し、3年間の集大成を飾ってくれたと思っています。 特に男子バレーボール部は仙台勢を破って2勝を上げ20数年ぶりにベスト16入り、剣道も予選リーグ3戦全勝し、決勝トーナメントに進みました。共に強豪仙台育英と対戦し善戦したものの涙をのみました。バレーボール女子も最後は第3シード東北生活文化大高に敗れたもののメンバーぎりぎりの少ない人数でありながら粘り強く戦いました。男子バドミントンは宮城第一、仙台一と熱戦に次ぐ熱戦でゲームセットの後に立ち上がれなくなるギリギリまでコートに立ち戦った勇者もおりました。男子卓球は元気ある応援で会場内に熱気をもたらしました。どの競技も立てた目標には届かなかったとは思いますが精一杯頑張って...
ブログ
05/27
パブリック
全校生徒が体育館に集まって今年度最初の生徒総会が開催され、昨年度の生徒会会計決算や今年度の予算案などが可決されました。執行部から提案された協議事項は、①定期戦運営委員会の設置について、②下校時の制服以外の着用について、③公式インスタグラムの開設について、の3つで、事前にクラスごとに話し合いを行い、評議員が賛成・反対意見をまとめてきました。 全体での意見交換のあと、各クラスの評議員を中心に再度話し合いを行い、意見を出し合いました。安易な賛成、反対意見だけでなく、様々な視点から意見が出され、活発で有意義な話し合いとなりました。今回出された意見をもとに、今後、生徒会執行部が中心となって話し合いを重ねていくこととなります。